パワープレイ

ヒットチャート

タイムテーブル

パーソナリティー

ポッドキャスト

ウェブショップ

パワープレイ

FM-tokushima 2017年1月のパワープレイ

MORNING パワープレー

とべとべ!!/ジャアバーボンズ

  1. T-RECORDS
  2. 沖縄出身の5人組パーティロックバンド、ジャアバーボンズ。
    爽やかハイトーンYASUさんとゴツかわいいTAKANOさんのツインボーカルが特徴的で、
    ライブは、三線・エイサー・ダンスなどをふんだんに取り込んで行われます!
    エフエム徳島ではジャアバーボンズのそれ!それ!めんそ〜れ!!≠ェ毎週土曜19:30から好評放送中!
    そんな彼らのNEWアルバム「TreaJaa!!!!!」の中から「とべとべ!!」が今月のモーニングパワープレイに決定!ジャアバーボンズならではのとっても明るく爽やかな一曲です。
    今月は、なかなか気分が上がらない朝に元気もらっちゃいましょう♪(武田)

EVENING パワープレー

Honesty/SHANK

  1. BAiTFiSH RECORDS
  2. 今月のイブニングパワープレイは、長崎生まれの3ピースバンド・SHANK。
    1/18リリースのニューアルバム「Honety」からタイトルトラックをお届けします。
    2004年に結成された当初はスカパンクバンドを目指していたという彼ら。
    SHANKというバンド名は当初スカパンク・バンドであることから、安直に"SKANK"(SKA+PUNK)となったものをドラムの池本さんが「SHANK」と読み間違えたのがきっかけで、 "SKANK"に対して特にこだわりもなかったためそのまま "SKANK"として活動を開始したのだそう。
    まじか!バンド名ってこだわるところじゃないの!?
    そんな逸話の表す通り、今作にはジャンルの枠に縛られないSHANKらしさが詰まった一枚に!
    グッドメロディーはもちろん、疾走感あふれるナンバー、スカ・レゲエな要素、さらにはビートルズのカバーまで何でもアリ!
    今の「SHANK」のそのまんま「実直」が詰まったアルバムを是非チェックしてみてください!(近藤)

スーパーエンディング

ボーナストラック/四星球

  1. ビクターエンタテインメント
  2. “日本一泣けるコミックバンド”四星球が結成15周年にして、遂に!!まさかの!?メジャーデビュー!!
    1月25日にメジャー1stアルバムをリリース!その名も「メジャーデビューというボケ」!!!!!!
    メンバー曰く、構想期間は15年に及ぶという今作。これまでの楽曲のボーカル新録版に加え、新作2曲とコントが収録された、メジャー・デビューをネタにしたエンタメ感全開の1枚となっています!
    これまでのライブ定番曲も、ちょっとだけ歌がうまくなった北島康雄さんがボーカルを新録することで、メジャー音源っぽく完全アップグレードしているとか…
    今月のスーパーエンディングでは、そんなメジャー進出アルバムから「ボーナストラック」をお届け!
    メジャー的ノウハウを完全に無視して制作した結果、大サビで歌詞が足りなくなったという新曲!
    では、歌詞が足りなくなって一体どうしたのか…
    …それはあなたの耳で確認してください! (富田)

サウンドウェーブ(16:15) ・ Friday on line

だって君のカノジョだもん。/上野優華

  1. キングレコード
  2. 「だって」って言葉、かわいいですよね。 甘えてる時の言葉遣いの中で、個人的にNo.1です。
    それを歌っているのが、上野優華ちゃんっていうのがいいですよね。
    …ということで、1stMiniAlbum「Sweet Dolce」のリードナンバーをお届けします。
    どちらも「甘い」という意味の単語ですが、ほかにも「優しい」「素敵な」といった意味にも使われます。優華ちゃんの魅力はこの言葉に集約されているんだなと納得です。
    そんな優華ちゃんも、今年19歳。
    上野優華 バースデーワンマンライブ徳島公演が2月11日(土祝)に開催!
    一緒に徳島でお祝いしましょう!(今末)

サウンドウェーブ(23:55)

Back From The Edge/JAMES ARTHUR

  1. SMIJ
  2. 今月のナンバーはジェイムスアーサー、セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ〜です。
    不安定な家庭環境の中音楽をはじめるなど、波乱の人生を経験したジェイムスアーサー。
    そんな彼はこの曲について、「苦難に直面しても立ち向かうこと。自分を信じて自信を持つこと。
    ポジティブで言い人であること。これが今、僕が音楽で伝えたいこと。」 と言っています。
    そんな彼の曲にはきっと勇気をもらう方は多いはず。
    ぜひ元気を出したいときなどに聴いてもらいたいナンバーです。(土橋)