POWERPLAY

2018年4月

morning powerplay

FADED/ALAN WALKER

SMIJ
FADED/ALAN WALKER

イギリス生まれでノルウェー出身であるアラン・ウォーカー。
若干二十歳のプロデューサーですが、これまでにULTRA MUSIC FESTIVAL、トゥモローランドなどの大型フェスを制覇し、世界的に人気が急上昇中!
そんな彼の大ヒット楽曲であるこの「フェイデッド」は、ノルウェーの女性シンガー、イセリン・ソルヘイムがヴォーカルに加わりリリースされています。
失恋ソング、もしくは…。聴く人によってとらえ方がまったく異なるこの曲、是非あなたの解釈でお楽しみください!!(土橋)

evening powerplay

ノーダウト/official髭男dism

ラストラム・ミュージックエンタテインメント
ノーダウト/official髭男dism

今月のイブニングパワープレーは、4/11リリースのOfficial 髭男 dismの1stフルアルバム「エスカパレード」から、「ノーダウト」です。
山陰発のピアノPOPバンド、愛称「ヒゲダン」は2015年のデビュー以降、「次世代のジャパニーズ・ポップを担うべき逸材」などと様々な著名ミュージシャンから支持を集め、高いライブ力と圧倒的な歌唱力、そして楽曲センスが注目されてきました。
今作には『関ジャム 完全燃SHOW』で、音楽プロデューサー・蔦谷好位置さんが“2017年ベストソングTOP10”において2位に選出した「Tell Me Baby」を始め、先行配信リリースした「LADY」「Driver」などイチオシナンバーが盛りだくさん♪そして、イブニングパワープレーナンバー「ノーダウト」はインディーズアーティスト史上初の月9ドラマ主題歌として、リリース前から注目されていた1曲です。
リズムのウキウキ感や高揚感があなたの心をわくわくさせてくれますよ!ぜひチェックしてみてください!(小野寺)

super ending

失恋の詩/ファンキー加藤

ドリーミュージック
失恋の詩/ファンキー加藤

sound wave・friday on line

タラレバ流星群/ロザリーナ

SMR
タラレバ流星群/ロザリーナ

2016年にキングコング・西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプぺル』のテーマ曲を手掛けたことを皮切りに、インディーズ・シーンに彗星のごとく現れたシンガーソングライター「ロザリーナ」。
今月のパワープレーはそんな彼女のメジャーデビューsingle「タラレバ流星群」。
幻想的な音楽とスモーキーな歌声が混ざり合い、目をつぶって聴くと、まるで夢の中を歩いているような気分になります。
ああしていれば、こうしていれば…という数えきれないタラレバの「流星群」の中に、輝く真っ直ぐの光が心に流れている。
「タラレバ流星群」という物語を読み終えたあなたは、きっと前向きな気持ちになっているはずです。(池嵜)

sound wave(23:55)

鯛獲る/オメでたい頭でなにより

ポニーキャニオン
鯛獲る/オメでたい頭でなにより

2016年に活動を開始した『オメでたい頭でなにより』。
通称「オメコア」を武器に活動する日本一オメでたくて汗だくで騒げるバンドです!
ファンのことを「単幸暴(たんさいぼう)」と呼び、都内のライブハウスを中心に活動しています。
そんな彼らが歌うこの「鯛獲る」は、「メジャーデビューして、このバンドでテッペンを獲ってやろう!」という攻めの気持ちや「逆転劇を見せつけてやるという反骨精神」が込められているのだそう。
新しい年度が始まる4月。皆でこのナンバーを聴いて、テンションを上げて乗り切っていきましょう!!(土橋)

バックナンバー

ページのトップへ戻る