POWERPLAY

2019年5月

morning powerplay

太陽の君に/関取花

ユニバーサルシグマ
太陽の君に/関取花

愛嬌たっぷりの人柄と、伸びやかで説得力のある歌声が光る関取花さん、今月ついにメジャーデビューです!
彼女の魅力は、”いちいちすべらないおもしろさ”のブログにも表れています。
【花】という名前について、ある日母がうつむきながら歩いていた時に道端のハルジオンを目にして、「ふとした時に人の悲しみや苦しみにもそっと寄り添えるような」子に育ってほしいと思ったことが由来だとし、でも、「関取に花だから、結果的に思った以上にどすこい感の強い仕上がりになった」との母の言葉も合わせて紹介していました(笑)
いつも、ありふれた日常や素直な感情を、秀逸な言葉選びで切り取っています。
そんな彼女の描く「太陽の君」とは、つくったところが無く、自然で、目が離せない人のこと。
一緒にいて自然でいられる人との緩やかな時間を、暖かな日差しとともに描いているこの曲で、リスナーの皆さんの5月の朝がさわやかにスタートするのは間違いありません!(森)

evening powerplay

恋はミラクル/スピラ・スピカ

SACRA MUSIC

FM徳島では毎週金曜日21時から21時半まで放送中「A-Voice -road to musician-」で4周目アーティストとしておなじみ、「スピラ・スピカ」徳島県出身のボーカル幹葉さんを中心とした3人組ピュアポップロックバンドです。
星のようにキラキラとしたバンドで、聴く人にプラスのエネルギーや前に進むためのパワーを与えてくれるスピラ・スピカが、ついに3rdシングル「恋はミラクル」をリリース!(2019/05/29)
爽やかで弾けるサウンドが特徴のポップなナンバーです。
初めて恋を知るときのピュアで甘酸っぱい、おさえきれない気持ちを綴った歌詞に注目してみて下さい!(小野寺)

super ending

コトノハノオモイ/井上苑子

ユニバーサルミュージック
コトノハノオモイ/井上苑子

今月、FM徳島ワイド番組のエンディングを飾るのは、はなはるフェスタ2019 スペシャルライブでも爽やかな歌声を響かせたシンガーソングライター・井上苑子さんの「コトノハノオモイ」です。
10代20代から圧倒的な支持を集める井上苑子さん。
この曲は話題のアニメ「川柳少女」のオープニングテーマに起用されています。
最新アルバム「白と色イロ」の中でも特に色彩を放つコトノハノオモイ。
川柳に熱中する少女たちを描くストーリーに寄り添う、青春の色とりどりを、瑞々しい言葉たちで歌い上げています。
まさしく、新緑のミドリまぶしい五月にぴったりのナンバーです!
新元号「令和」で、日本古来の美しい言葉が見直されている今、この曲を聴きながら、あなたも思いを五・七・五の音にしたためてみては?(近藤)

sound wave・friday on line

Harmony Hall/VAMPARE WEEKEND

Sony Music Japan international
Harmony Hall/VAMPARE WEEKEND

アメリカはNY出身のインディー・ロックバンド『Vampire Weekend』、5月3日発売のおよそ5年ぶり4thアルバム『Father Of The Bride』収録のナンバー『Harmony Hall』。
高揚感溢れる爽やかなコーラスと多彩な楽器使いが印象的で、まるで春の芽吹きを感じさせるかのようなオーガニックな雰囲気漂います。
しかしそれとは裏腹に、歌詞は社会問題を綴ったものです。
メンバー3人の母校であるコロンビア大学にある学生寮の名前が「Harmony Hall」。
音楽ホールと学生寮を掛けていて、今アメリカの大学で叫ばれる白人至上主義に反対するメッセージ色の強い作品なんです。
新緑の芽生えの季節、長らく息をひそめていた彼らの新章の力強い幕開けを感じます。(清水)

sound wave(23:55)

ヒカリ/福富弥生

Sudachi Records
ヒカリ/福富弥生

徳島出身のシンガーソングライターである福富弥生さん。
生まれ育った徳島の地で、自身の想いを音楽に託して発信し続けています。
そんな彼女が徳島県が誇る世界的音楽家、住友紀人さんプロデュースで、2枚目のアルバム「live to love」を発売!
このアルバムは住友さんの繋がりで第一線で活躍するミュージシャンが集まってレコーディングされています!
また福富さんは「ピアノのみの弾き語りと比べ、曲の世界観を深く表現できた」と語っています。
その中の一曲であるこの「ヒカリ」は、生きることとは何かということを問いかける一曲。
新しい時代を迎えた今、このナンバーを聴いて命の尊さや不思議さに想いを馳せてみてはいかがでしょうか♪(土橋)

バックナンバー

ページのトップへ戻る