POWERPLAY

2019年10月

morning powerplay

青い空/D.W.ニコルズ

haleiwa records
青い空/D.W.ニコルズ

朝、番組が始まる前には必ず見上げる空。
今日は晴れだな、という日は声も自然に明るくなるけれど、 どんより雲が広がっているな、しとしと雨が降っているな…そんな日だってもちろんある。 朝の番組にとって、空模様はとっても重要なポイントなのだ。
今月のパワープレイは朝番組にとって何とも心強いナンバー。ニコルズの陽気で、楽しい、朗らかな音楽が聴く人の心をきっと青空にしてくれる。
雨の日も、晴れの日も、この気持ちのいいナンバーで一日をスタートしてほしい。今月はこの曲とともに、耳から秋晴れなひと時をお届けします!(近藤)

evening powerplay

ヤングアダルト/マカロニえんぴつ

TALTO / murffin discs
ヤングアダルト/マカロニえんぴつ

super ending

RAINY SLUMBER/三浦祐太朗

Virgin Music
RAINY SLUMBER/三浦祐太朗

俳優やロックバンドのヴォーカリストなど、多方面での活動を行う三浦祐太朗さん。その確かな歌唱力と声の魅力により多くの人々を魅了し続けています。
そんな彼がオリジナル4曲+カバー4曲を収録したハイブリッド・アルバム、「Blooming Hearts」をリリース!
このアルバムの中で三浦祐太朗さんは中国語カバーを行い、それにより中国のSNS、Weiboにアカウントを開設すると、2週間でフォロワーが5万人に達するなど、世界でも高い人気ぶりがうかがえます!
その中の1曲である「RAINY SLUMBER」は、どこか昭和の香りが感じられるナンバー。三浦祐太朗さんの優しい歌声と哀愁の漂う独自の世界観をお楽しみください♪(土橋)

sound wave・friday on line

言葉がなかったら/MONO NO AWARE

SPACE SHOWER MUSIC
言葉がなかったら/MONO NO AWARE

日本語歌詞を全て音読みした「轟々雷音」など、言葉遊びに長けた楽曲を発表してきたMONO NO AWARE、10月16日にリリースした3rdアルバム『かけがえのないもの』より、リード曲「言葉がなかったら」。
「子どもから大人への成長」というテーマを軸に制作されたこの曲は、ソングライターである玉置周啓の独自に磨かれた視座と作家性、オルタナティブで瑞々しいバンドサウンドの個性が活き活きと融合しています。
軽やかに弾むサウンドに乗せて届けられる「言葉が無かったら・・・」というフレーズに少しドキッとさせられます。(清水)

sound wave(23:55)

Sick enough to dance / the engy

CONNEXTONE
Sick enough to dance / the engy

今月は、秋の夜長のお供に、超!都会的なナンバーをお届けします。
the engy(ジ・エンギー)は、京都出身で、関西を中心に活動する4人組。ボーカルの山路さんの日本人離れした歌声が渋くて本当にクールなんです!そして、高いビルの一室から夜景を見下ろしているような、 きらめいていながらも少し切ない印象も受ける、その音楽性にも注目です。
メンバーそれぞれが幅広い音楽を聴き、それを楽曲に反映させているということで、ジャンルを超えた深みのある音が緻密に絡み合っています。
今作も収録されているメジャーファーストミニアルバムは今月リリース!ぜひチェックして、応援してください!(森)

バックナンバー

ページのトップへ戻る