エフエム徳島

A-Voice road to musician

AWAの国生まれのミュージシャンから届くリアルなメッセージは
最新の情報やライヴ活動、制作作業などと共に、夢をかなえるためのヒストリーや
ミュージシャンを目指すためのヒントもちりばめられているはずです。
徳島の音楽シーンを凝縮した25分間をお届けします。

  • 第1週

    mol-74

    mol-74

    徳島市立高校在学中に結成され、その後、京都に移り音楽活動を続ける3ピースバンド。
    ヴォーカル武市の透き通るようなファルセット・ヴォイスを軸に、北欧のバンドにも通じる冷たく透明でありながら、心の奥底に暖かな火を灯すような楽曲を表現している。
    ただいまブレイク寸前。

    mol-74 official website

  • 第2週

    Kaya

    Kaya

    2002年、元MALICE MIZERのManaのプロデュースにより、ユニット『Schwarz Stein』のヴォーカルとして活動を開始する。2008年にメジャーデビュー。通常の概念を超えた美貌と、一度聴いたら忘れられない魅惑の歌声で魅了する孤高の耽美派ソロシンガー。
    耽美な歌詞とダンスミュージックを融合させた楽曲で独自の世界観を確立し、アメリカなど海外公演も多数行っている。鳴門市出身。

    Kaya Offcial Website

  • 第3週

    四星球

    四星球

    鳴門教育大学の音楽サークルで結成。以来、全国のライブハウスやフェスにも数多く出演し「笑って泣けるコミックバンド」として多くの伝説を生んできた。
    結成15周年の2017年、待望のメジャーデビューを果たし、次のさらなる高みを目指す。

    四星球 オフィシャルWebサイト

  • 第4週

    四国大学短期
    大学部
    音楽科

     

    2004年、四国大学短期大学部音楽科はポピュラー音楽を本格的に取り入れた。以後多数のミュージシャンや指導者を輩出してきた。
    2016年3月にはレコーディングスタジオ、練習スタジオ、最大200名収容可能なライブスタジを擁した芸術館が完成。県内外からミュージシャンを志す若者が集う場となっている。

     

     

     

     

    第5週

    スペシャル
    プログラム

     

     

     

     

     

Now playing

Now on air

Now Loding...
ページのトップへ戻る