POWERPLAY

2018年2月

morning powerplay

きっと愛は不公平/松室政哉

AUGUSTA RECORDS
きっと愛は不公平/松室政哉

昨年11月1日にメジャーデビューし、優しく温かくそしてどこか切なさを帯びたボーカルで話題を集めている松室政哉さん。インディーズ時代からスキマスイッチや秦基博さんなど先輩アーティストと名を連ねてメインステージに立つことが多く、「ポップスに選ばれた男」として注目を浴びてきました。
そんな彼の2ndEP「きっと愛は不公平」(今月21日にリリース)が今月のモーニングパワープレーに決定!失恋により1人残された主人公が愛の不公平さに苦悩する姿を綴ったこの曲は、切ない恋の感情が共感できるナンバーとなっています。松室さん自身が「ここまで心情吐露したものは初めて書いたかもしれない」と話すミディアムバラードナンバー、お楽しみ下さい♪(小野寺)

evening powerplay

さよなら人色/感覚ピエロ

JIJI INC.
さよなら人色/感覚ピエロ

今月のイブニングパワープレイは、2/21リリースの感覚ピエロ待望のフルアルバム「色色人色(イロイロトイロ)」から、「さよなら人色」です。
バンド結成以来、自分たちでレーベルを運営し、アートワークの作成からレコーディングのミックスやマスタリングまですべてメンバー自身が手がけるなど、DIYで活動している4人組。2016年に話題となったドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌、「拝啓、いつかの君へ」が起用され、大きな注目を集めました。
今作は、全力おバカなエロ要素満載ソングも、全力で背中を押す力強いエールソングも、まさに色とりどりのカラーが詰まった渾身の一枚!その中から、不器用なラブソング「さよなら人色」を一か月間お届け!ぜひチェックしてみてくださいね!(近藤)

super ending

鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p./四星球

ビクターエンタテインメント
鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p./四星球

今月のエンディングは四国発"日本一泣けるコミックバンド"四星球のナンバーです。
1月31日リリースのメジャー1stEP作品のリード楽曲「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」をお届けします。
四星球のライブでおなじみの段ボール小道具を担当するギタリスト・まさやんこと、竹田まさゆきさんの姿を描いた、涙と感動のヒューマンロックンロールナンバー。「作れないものはない」とばかりに様々な段ボール小道具を作り上げ、四星球の“段ボール愛”を一身に背負うまさやんへの賛歌であると同時に、バンドからリスナーへの応援歌にもなっています。
さらに前代未聞の“段ボールMVを完成させるプロジェクト”が始動!
いったいどんなMVが完成するのか?!
ぜひあなたの目でご確認ください。
ライブでは、一緒に「まさゆき!」と叫んで盛り上がること間違いなし!
練習がてら、2月のエンディングでも盛り上がりましょう!(富田)

sound wave(16:15)・friday on line

That's My Baby/RIRI

Sony Music Associated Records
That's My Baby/RIRI

群馬県出身・18歳のシンガーソングライター・RIRIさんが世に放つメジャーデビューアルバムは、名前を冠した「RIRI」。
洗練されたサウンドは「カッコいい!」のひとこと。彼女の目標が「世界で活躍すること」と聞けばさらに納得!“世界照準の作品”ということで、今回はLAで制作されました。
「本当に18歳?!」と驚くパワフルな歌声に圧倒されること間違いなし!次世代の“日本”…だけでなく“世界”の歌姫の第一歩、ぜひチェックしてください!(今末)

sound wave(23:55)

プチョヘンザしちゃだめ/ましのみ

ポニーキャニオン
プチョヘンザしちゃだめ/ましのみ

キーボードの弾き語りで活動している、現役大学生の女性シンガーソングライターのましのみさん。
インディーズ盤にて5週連続でタワクルの売り上げ第一位になるなど話題になっています! そして今回のサウンドウェーブであるこの「プチョヘンザしちゃだめ」は、メジャーデビューアルバム「ぺっとぼとリテラシー」の中の1曲。
ちなみに「プチョヘンザ」とは英語の「put your hands up(手を挙げろ)」のこと。
奇才あふれるひねくれPOPをお楽しみください!!(土橋)

バックナンバー

ページのトップへ戻る